スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人さんのためのデジタル一眼レフ講座 Vol.2〜ピントの合わせ方(その2)〜

2012年08月03日 16:33

前回、ピントを正確に合わせるためのカメラ側の設定、およびピントの合わせ方の基礎としての「フォーカスロック」についてお話ししました。

このフォーカスロック、および「カメラ任せではなくて一点集中型のピント合わせ設定」は、いつもこのままにしなければいけないのか?あるいは、カメラ任せの設定はダメなのか?

答えはNOです。時としては、ピント合わせをカメラに任せなくてはならない時もあるんです。

それはいったい、どういう場合か?

例えば旅行とかに出て、きれいな風景の写真を撮りたい、という状況になったとしましょう。

周りには、青空があり、山があり、森林があり・・・見ていると、全部きれいに撮りたいものです。

では、その風景を撮影するとき、どこにピントを合わせればいいのか?

前回教えたフォーカスロックを使って、どこに焦点を当てればいいのか>

青空か?

山か?

森林か?

答えはどれも違います。では、正解は何か?


正解は、「全部にピントを当てればいい」のです。


しかし、一点集中型のカメラ設定、そしてフォーカスロックでは、ピントを合わせる場所は1つしか決められません。

こういう場合、どうすればいいのか?

自分ではどこにピントを合わせればいいのかわからない時、まさに「カメラ任せ」にすればいいのです。


その設定方法ですが、前回の記事で教えたピント合わせの操作を行い、「シングルポイントAF」(=一点集中型)の設定から「オートエリアAF」(カメラ任せ)に戻すだけです。

こうして風景にピントを合わせると、さっきの一点集中型のピントとは違い、一気に多くのポイントでピントが合うようになっているんです。

これでシャッターを切ると、全部の領域にピントが合った写真が撮れるんです。

具体的には、こんな感じでしょうか。

5D3-001a.jpg
Canon EOS 5D Mark III feat. EF17-40mm F4 L USM F11 ISO100

基本的には、「遠近の違いがある場所ではフォーカスロック、そしてかなり距離が離れた風景の写真ならカメラ任せ」という感覚を覚えていただけたら、大部分はこの設定でいい写真が撮れます。

ちなみに前回の記事で後輩君のコメントにあった、Canon EOS Kiss X3におけるフォーカス設定についてですが、EOSの場合はボディ裏側の右上にある、「フォーカス設定ボタン」を押してから十字ボタンで操作し、最後に十字ボタンの真ん中にあるSETを押すと、ライブビューでない状態でもカメラ任せとシングルポイントの設定を変えることができます(モードダイヤルがP、Av、Tv、Mの時)。十字ボタンで横を連打すると、カメラ任せ(=フォーカスの点が全てついている状態)になります。

kissx001.jpg

次回は「写真の明るさを簡単に変える方法」についてお話しします。
スポンサーサイト

友人さんのためのデジタル一眼レフ講座 Vol.1〜ピントの合わせ方〜

2012年07月04日 11:33

このところ友人であるAkiさんに、とりあえず全自動モードでD7000を使ってもらい、実際にカメラに触れて体験してもらいました。

もちろん全自動モード(モードダイヤルにある、緑色の四角いアイコンのモード。たいていのメーカーでこれがある)だけでも、最近のデジタル一眼レフはかな〜り頭がいいので、ほとんどの状況を判断して最適な一枚を取るように考えてくれます。

ただし、この全自動モードくんの撮影設定が、撮影者の意図と一致しない場合が結構あります。Akiさんも例外ではなかったようです。

D7000を持って海外旅行に出かけ、いい写真をたくさん撮られたようですが、主に2つの「不満点」というか「違和感」があったようです。すなわち、「ピントがうまく合わせられない」こと、そして「思ったより暗く取れてしまう」こと。

ここでは前者のケース、つまり「ピント合わせ」についてお話します。

全自動モードで撮影すると、カメラは「たぶんこれを取りたいんじゃないかな〜?」的な判断でピントを合わせていきます。では実際どうなのかというと、どちらかというとピントは撮りたい物/者(=被写体と言います)が常に手前にあるんだろう、と判断しているようなんです。

これがどういうことになるかというと、「本来は後ろ側にある被写体を撮りたいのに、カメラは手前の方にピントを合わせてしまうから被写体がボケてしまう」という事態が起きてしまうのです。

では、どうしたらいいのか?

まず、モードダイヤルを「P」に合わせます。Pは「Program Auto」の略です。

001_a.jpg


次に、レンズの近くにある「AF(=Auto Focus)モードボタン」を押したままにし・・・

001_b.jpg

・・・そのままの状態でシャッター近くにあるサブコマンドダイヤル(ややこやしい名前なので以降は省略して「ぐりぐり君2」と呼びます)を左右にぐりぐり回していきます。

001_c.jpg


すると液晶画面のピントが合う範囲を表示しているアイコンが、すべて点で埋め尽くされた「オートエリアAF」(=カメラが「俺様がピントのいいところを見つけてやるから貴様は黙って見ているのだ」という状態)から一点だけの「シングルポイントAF」(=カメラが「ご主人様ぁピントを合わせてくださいませぇ合わせられたら私がいい状態に撮影設定をサポートさせていただきますぅ」という状態)に変わります。

液晶画面も、この通り。

001_d.jpg


ファインダーを除いて、万が一このシングルポイントの位置が真ん中ではない場合は、一度本体の背面右下にある「フォーカススイッチ」を下に押して・・・

001_e.jpg


その上にある十字キーから、シングルポイントの位置が真ん中に来るよう押します。この設定が終わったら、再びフォーカススイッチをオフにしてください(間違って十字キーを押して勝手にシングルポイントが変わらないようにするため)。

001_f.jpg


これが、カメラ側の設定です。

さて、カメラ側の設定も必要だったのですが、撮影方法もちょっと工夫が必要です。

すなわち「フォーカスロック」という技が必要になるのです。

フォーカスロックについては、以前「後輩君のためのデジタル一眼レフ講座」で扱ったことがあるので、こちらをご参照ください

これでカメラのピント合わせが、より撮影者の意図に即してできるようになります。

しかし、常にシングルフォーカス+フォーカスロックで写真が撮れるかというと、どうでもない場合があります。

詳しくは、また次回に・・・。

友人さんのためのデジタル一眼レフ教室 #00「開講ののあいさつ・・・」

2012年04月25日 20:37

どうもみなさんお久しぶりです!

前回「後輩君のための一眼レフ教室」シリーズで、一通りのポートレート撮影の基礎を教え終えました。

あれから後輩君がたくさんの写真をメールやFacebookで見せてくれて、どれもポートレートはおろかジャンルを限定せずいい作品に仕上がっています(中には人の顔が写っているのもあるので、ここではあえて掲載しません)。

これで私の後を継いでくれる弟子が完成した・・・と思っていたところで、嬉しいオファーが届きました。

ちょっと前の話ですが、以前から私の友人であるAkiさんが、デジタル一眼レフデビューをしたい、とのこと。

で、このAkiさん、ご家族がすでにニコンのフィルムカメラを使っており、そのカメラのレンズが2本あるのだとか。

レンズがあれば、デジタル一眼レフのデビューはとても簡単です!というのは、最初はどこのメーカーのカメラにするかでかなり悩みまくるのですが、すでにフィルムの一眼レフのレンズがあれば、(一部例外を除いて)そのレンズが同じメーカーのデジタル一眼レフにそのまま使えるからなんです。

Akiさんはニコンのフィルムカメラのレンズを持っていたため、必然的にデジタル一眼レフのメーカーはニコンに決まりました。

というわけで、Akiさんと私の行きつけのカメラ屋で物色していたところ、「これだ!」と言える一台を見つけ、すぐ購入にいたりました。

そのカメラこそ、ニコン・D7000です。

Nikon_D7000_Digital_SLR_Camera_05a.jpg

有効画素数1620万画素、100パーセントの視野率、SDカードを同時に2枚搭載でき、そして防滴防塵機構・・・私はキヤノンユーザーなので詳しいことはよくわかりませんが。このD7000、キヤノンで言うとEOS 7Dに相当するミドルクラスのカメラで、プロカメラマンからも絶賛されているそうです。

ただ、このAkiさんは一眼レフのデビューをするわけで、このカメラの使い方をあまり知りません。

そこで今回、私のブログで新しいデジタル一眼レフ教室を開講することにしました。


題して、「友人さんのためのデジタル一眼レフ教室」。


この教室(とは言っても私自身決して自分をプロと胸を張って言えるほどのレベルではないのですが)では、デジタル一眼レフを始めるどころかこのタイプのカメラを触ることすら初めての方に向けるもので、初歩的な写真の撮り方から「もしかして、自分、プロ?」と自分自身で思えるほどに一直線にレベルアップすることを意図としています。

だからといって、「ここはこうしろ!」とか「その設定はダメぇ!」というような鬼軍曹になるつもりは毛頭無く、あくまでAkiさんの成長に合わせて私が知っていることを教えるだけです。

以前の「後デジ」を見ていた人からすると、またふりだしからスタートに見えるかもしれませんが、時としてはこの「後デジ」で教えなかったことをプラスアルファで付け加えるので、いままでのおさらいという意味でも見ていただければ幸いです。


具体的にどういう教室になるかはわかりませんが、何はともあれ、新しいデジタル一眼レフ教室が始まります!


☆可能な限り毎週更新します(土下座)。

後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 Second Season vol.7「フラッシュを使うときの鉄則」

2012年03月13日 18:32

すいません・・・このところ冗談じゃないくらい忙しくて、やっとブログ更新です(土下座)。

さてさて、実を言うと後輩君からはこの「後デジ」で覚え、実践した結果を、メールで送ってきてくれました。ただしそれらはポートレートであり、人の顔が写っているので、撮影者の意向によりこのブログでは掲載を見送っていたのです。

その写真で言えることはただ一つ、「とてつもなく上達した」ということです!! 

基本的に写真の構図取りが私よりも優れており、したがって技術さえ身につければ、10年近く写真をやっている私を脅かすまでに成長しています。基本的に好きなレンズはズームレンズのようですが、それはもちろん正解です。カメラのユーザーによって、好きなレンズが単焦点かズームかは変わるのですから。

さて、そんな後輩君に(パソコン上ではなくて)カメラの技術的な点で教えるべきことはあと一つとなりました。
すなわち、「フラッシュの使い方」です。

一例を除いて、ほとんどのカメラに「フラッシュ」(メーカーによってはストロボとかスピードライトという言い方もあります)がついています。これは、暗いところで被写体を撮影するために使うものです。

なぜかというと、暗いところで普通に写真を撮ろうとすると、どうしてもシャッタースピードが遅くなり、手ブレあるいは被写体ブレがものすごく激しくなり、失敗写真がたくさん撮れてしまうからです。

というわけで、このフラッシュを使うことによって一瞬だけ周りが明るくなり、被写体が撮れることは撮れるのですが・・・

実際にモデルのロッピア君を撮ってみましょう。

まず、暗いところで、フラッシュなしの状態で撮影。

7D-9179.jpg

これでは被写体がまっくらで、何を撮ってるかわかりませんね。さらに彼がもし動いていたら、被写体ブレが起きまくりです。

で、そこでカメラの内蔵フラッシュを使って普通に撮ってみましょう。

7D-9180.jpg

もちろん撮れていることには間違いないのですが、これを作品として見ると、おそらくプロカメラマンは「ダメ。アウト。ありえない」と一蹴される危険性があります(涙)。

なぜか?

この写真では、フラッシュを被写体に向けて「直射」しています。つまりフラッシュの光が届く方向が、直接被写体に向かっているのです。

その結果。手前の被写体だけが明るくなり、その後ろが真っ暗になるという、言わばポラロイドみたいな写真になってしまうのです。

しかもこの写真ではわかりませんが、人間の顔を同じように撮ると、顔の肌が肌色ではなくて真っ白になってしまいます。これは、フラッシュの光が被写体の顔に反射することで、フラッシュの白い色がそのまま反映されてしまうのです。

被写体だけではなくて背景にまで光を届かせ、そして前面の被写体と背景にバランスよく光を与える、なおかつ肌の色をちゃんと出したい・・・どうすればいいでしょうか?

そこで使うのが、内蔵フラッシュではなくて外付けフラッシュことCannon Speedlite 270EX!

550D270EXa.jpg

ちょっとカメラが不格好になってしまいますが、この小さな外付けフラッシュが問題の大部分を解決してくれます。

なぜか?

もちろん、この270EXを付けても、そのままで撮ろうとすると、直射のフラッシュになるので内蔵フラッシュと同じ結果になってしまいます。

そこで、この270EXのフラッシュの部分をちょっと引っ張り、思い切って上側にあげてみましょう。大丈夫。可変式なので壊れません(笑)。

こうなるはずです。

canon-270ex-flash-tilta.jpg

フラッシュの発光部分が上を向いた状態になっています。

だまされたと思って、このままで被写体を撮ってみてください。

え?光が上を向いているから明るくならないだろうって?いやいや。まずは撮ってみて下さい。

こうなります。

7D-9181.jpg

上の「アウト写真」と比べてみてください。被写体にはあまり光が強くなく当たっており、しかも背景も明るく撮れています。

いったい何が起きたのでしょう?

実を言うと、外付けフラッシュの光は、天井を照らしました。これによって、天井に当たった光はその天井を明るくすると同時に光の当たる範囲を増幅させ、そのまま下に反射したわけです。

つまり天井は暫定的な「デカいレフ板」になり、バランスよく前側の被写体と後ろ側の背景に光を届けた、ということなんです。

このように、被写体に直接光を当てるのではなく、天井や壁を反射させてフラッシュを使うことを「バウンス」と呼びます。

バウンス撮影をすることによって、シャッタースピードを早くしつつ、バランス良いフラッシュを当てることができるので、モデルさんがより際立った室内ポートレートを撮ることができるのです。

5D2-4368.jpg
Canon EOS 5D Mark II feat. EF70-200mm F4 IS L USM ISO800 F6.3 1/125sec.

ちゃんとしたバウンス撮影の例です。上から間接照明をすることによって、バランスいい光を当てることができました。

ところで外付けフラッシュの270EX、上に向ける角度を調節できるようになっています。これは、「被写体が自分から近ければ近いほど真上に、そして遠ければ遠いほど前側に曲げる」というようになっているからです。光の反射する角度を予測して、270EXを上にする角度を調節します。

また、このバウンスを使っても全体的に写真が暗い場合は、ISO感度を上げて撮ると、より明るくなります。

ちなみに「バウンス」について詳しく知りたい場合は、キヤノンさんの公式サイトでもっと詳しく説明してありますので、このサイトをご覧になってください

・・・と、私がポートレート撮影について教えることは、基礎としては以上になりました。

もちろんデジ一眼について、教えるべきことはまだあります。例えば「RAWでの撮影」についてとか・・・。

ただ、まずは後輩君にデジタル一眼レフの技術的なところをしっかりとマスターし、私がカメラについて教える必要がなくなるようになってからRAWを教えたいと思います。

というわkで、一応「後デジSecond Season」は終わりますが、もちろん「デジタル一眼レフ教室」は終わりません。

詳しくはまだ秘密ですが、もうちょっと視点を変え、初心者のためにもっと基礎からデジタル一眼レフを教えるような内容を扱う予定です。それも、近いうちに・・・。

後輩君にも、ある意味の「今までのおさらい」的な感じで今後も教えていきたいと思います。

おっと後輩君、私のメール宛てでいいから、これからも上達したポートレート写真を見せてくださいね☆

後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 Second Season vol.6「ピントと絞りの関係、補足」

2012年01月30日 22:57

さてさて、前回は「ピントと絞りの関係」についてまとめてみました。この記事に関する後輩君のコメントをここで紹介させていただきます。

「「ピントがシャープ」というのは、「被写体全体にピントがきちんとあっている」ということでしょうか?で、「絞り値が多い」というのは、「Fの値が小さい」ということですよね?

つまり、
・シャッタースピードが同じなら、F値が小さい方が、大きいよりも、写真が明るく、ピントもあいやすい
・F値が同じなら、シャッタースピードが速い方がピントが合いやすいが、写真が暗くなる
ということでよろしいでしょうか? 」


ということですが、正直に言うと、前回の記事は私の説明不足な箇所が多々ありました。従って、一部後輩君に間違ったことを教えている恐れがあるので、この記事にて詳細を説明しつつ訂正していきます。

まず、「ピントがシャープ」についてですが、そもそも「ピントが合っている」というのは、「ピントがボケている」という状態の反対語です。これは皆さんもおわかりですね。

で、例えばポートレートを撮った際に、被写体の髪の毛にピントが合っているとしましょう。「髪の毛のピントがシャープ」というと、これは「髪の毛が一本一本数えられるくらいくっきりピントが合っている」ということを表しています。

後輩君の言う「被写体全体にピントが合う」というのは、おそらく「背景は別として、被写体(上記の例だとポートレートの顔)の全ての顔のパーツにピントが合っている」ということ言いたいのだと思います。ただ、「ピントがシャープ」というのと「被写体と背景の、ピントが合っている範囲」(すなわち被写界深度)というのは、似て非なる別の問題なのです。

ピントが合っている範囲が狭く、背景がボケていても、そのピントの範囲内であればピントがくっきりとした(=ピントがシャープな)写真を撮ることができます。

次に、「絞り値が多いというのはFの値が小さいということか」の件ですが、ぶっちゃけた話、絞り値とFの値は同義語です(笑)。

で、確かにF値(=絞り値)が小さい方が、写真は明るくなりますが、ピントが合ってもシャープにはならないことがあるんです。

どういうことか?

「シャープなピント」の反対語には「ソフトなピント」という表現があります。レンズのF値が小さいと、ピントはソフトになる傾向があるのです。

具体的な例を挙げて説明します。ここからは、写真をクリックして大きなサイズで見て下さい。

7D-0670a.jpg
Canon EOS 7D feat. EF50mm F1.4 ISO100

某うさぎさんのポートレートを撮ったとして、一部分を拡大してみます。

7D-0670.jpg

これはF値1.4での撮影ですが、どことなくまるで曇ったメガネで見ているような現象が起きていることにお気づきでしょうか。後ろの柵もなんだかピントが合っていないように見えます。

これが、「ソフトなピント」の状態です。

ここから、F値を少しずつ多くしていきます。

7D-0671.jpg
F2.0

7D-0672.jpg
F2.8
この時点でF1.4よりはるかにピントがシャープになっている(=メガネの曇りがとれてきている)ことがおわかりでしょうか。

7D-0673.jpg
F4

7D-0674.jpg
F5.6

7D-0675.jpg
F8

7D-0676.jpg
F10
一番ピントがシャープな状態です。あまりにのシャープで、某うさぎさんのまわりのホコリやゴミまでくっきりと写ってしまっています(滝汗)。

というように、F値を多くしていくとピントがシャープになりますが、しかしそれに伴ってシャッタースピードも遅くなります。つまり、F値を多くしてシャープなピントを得ようとすると、手ブレを起こす危険性も高まるのです(もちろんその場合は、感度を上げれば解決策になります)。

ほとんどのレンズでは、F値の最大値は22です。では、F値を最大にすると最強にシャープなピントを得られるかというと、そうではないんです。

7D-0677.jpg

これはF値が22の状態の写真ですが、かえってピントがF1.4みたいにソフトになっているのにお気づきでしょうか。

つまり、「一定以上のF値にしてしまうと、かえってピントが逆行する恐れがある」のです。

個人的には、私はF値を10以上に設定することはありません。状況にもよりますが、F10で限界だと私は考えています。

もちろん被写体や状況によって、F値を小さくしてシャッタースピードを速く設定し、どうしてもピントがソフトにならざるを得ないこともたくさんあります。しかし、一度っきりのシャッターチャンスの場合は、ピントがシャープか否かなんて考えるヒマはありません。何よりも失敗しない写真を撮ることが優先されるので、その場合は絞り優先モードよりもプログラムモードにしてカメラ君に任せるのが正解です。



これで後輩君の質問にお答えできたでしょうか・・・(滝汗)。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。