FC2ブログ

友人さんのためのデジタル一眼レフ講座 Vol.1〜ピントの合わせ方〜

2012年07月04日 11:33

このところ友人であるAkiさんに、とりあえず全自動モードでD7000を使ってもらい、実際にカメラに触れて体験してもらいました。

もちろん全自動モード(モードダイヤルにある、緑色の四角いアイコンのモード。たいていのメーカーでこれがある)だけでも、最近のデジタル一眼レフはかな〜り頭がいいので、ほとんどの状況を判断して最適な一枚を取るように考えてくれます。

ただし、この全自動モードくんの撮影設定が、撮影者の意図と一致しない場合が結構あります。Akiさんも例外ではなかったようです。

D7000を持って海外旅行に出かけ、いい写真をたくさん撮られたようですが、主に2つの「不満点」というか「違和感」があったようです。すなわち、「ピントがうまく合わせられない」こと、そして「思ったより暗く取れてしまう」こと。

ここでは前者のケース、つまり「ピント合わせ」についてお話します。

全自動モードで撮影すると、カメラは「たぶんこれを取りたいんじゃないかな〜?」的な判断でピントを合わせていきます。では実際どうなのかというと、どちらかというとピントは撮りたい物/者(=被写体と言います)が常に手前にあるんだろう、と判断しているようなんです。

これがどういうことになるかというと、「本来は後ろ側にある被写体を撮りたいのに、カメラは手前の方にピントを合わせてしまうから被写体がボケてしまう」という事態が起きてしまうのです。

では、どうしたらいいのか?

まず、モードダイヤルを「P」に合わせます。Pは「Program Auto」の略です。

001_a.jpg


次に、レンズの近くにある「AF(=Auto Focus)モードボタン」を押したままにし・・・

001_b.jpg

・・・そのままの状態でシャッター近くにあるサブコマンドダイヤル(ややこやしい名前なので以降は省略して「ぐりぐり君2」と呼びます)を左右にぐりぐり回していきます。

001_c.jpg


すると液晶画面のピントが合う範囲を表示しているアイコンが、すべて点で埋め尽くされた「オートエリアAF」(=カメラが「俺様がピントのいいところを見つけてやるから貴様は黙って見ているのだ」という状態)から一点だけの「シングルポイントAF」(=カメラが「ご主人様ぁピントを合わせてくださいませぇ合わせられたら私がいい状態に撮影設定をサポートさせていただきますぅ」という状態)に変わります。

液晶画面も、この通り。

001_d.jpg


ファインダーを除いて、万が一このシングルポイントの位置が真ん中ではない場合は、一度本体の背面右下にある「フォーカススイッチ」を下に押して・・・

001_e.jpg


その上にある十字キーから、シングルポイントの位置が真ん中に来るよう押します。この設定が終わったら、再びフォーカススイッチをオフにしてください(間違って十字キーを押して勝手にシングルポイントが変わらないようにするため)。

001_f.jpg


これが、カメラ側の設定です。

さて、カメラ側の設定も必要だったのですが、撮影方法もちょっと工夫が必要です。

すなわち「フォーカスロック」という技が必要になるのです。

フォーカスロックについては、以前「後輩君のためのデジタル一眼レフ講座」で扱ったことがあるので、こちらをご参照ください

これでカメラのピント合わせが、より撮影者の意図に即してできるようになります。

しかし、常にシングルフォーカス+フォーカスロックで写真が撮れるかというと、どうでもない場合があります。

詳しくは、また次回に・・・。

スポンサーサイト



後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 Second Season vol.6「ピントと絞りの関係、補足」

2012年01月30日 22:57

さてさて、前回は「ピントと絞りの関係」についてまとめてみました。この記事に関する後輩君のコメントをここで紹介させていただきます。

「「ピントがシャープ」というのは、「被写体全体にピントがきちんとあっている」ということでしょうか?で、「絞り値が多い」というのは、「Fの値が小さい」ということですよね?

つまり、
・シャッタースピードが同じなら、F値が小さい方が、大きいよりも、写真が明るく、ピントもあいやすい
・F値が同じなら、シャッタースピードが速い方がピントが合いやすいが、写真が暗くなる
ということでよろしいでしょうか? 」


ということですが、正直に言うと、前回の記事は私の説明不足な箇所が多々ありました。従って、一部後輩君に間違ったことを教えている恐れがあるので、この記事にて詳細を説明しつつ訂正していきます。

まず、「ピントがシャープ」についてですが、そもそも「ピントが合っている」というのは、「ピントがボケている」という状態の反対語です。これは皆さんもおわかりですね。

で、例えばポートレートを撮った際に、被写体の髪の毛にピントが合っているとしましょう。「髪の毛のピントがシャープ」というと、これは「髪の毛が一本一本数えられるくらいくっきりピントが合っている」ということを表しています。

後輩君の言う「被写体全体にピントが合う」というのは、おそらく「背景は別として、被写体(上記の例だとポートレートの顔)の全ての顔のパーツにピントが合っている」ということ言いたいのだと思います。ただ、「ピントがシャープ」というのと「被写体と背景の、ピントが合っている範囲」(すなわち被写界深度)というのは、似て非なる別の問題なのです。

ピントが合っている範囲が狭く、背景がボケていても、そのピントの範囲内であればピントがくっきりとした(=ピントがシャープな)写真を撮ることができます。

次に、「絞り値が多いというのはFの値が小さいということか」の件ですが、ぶっちゃけた話、絞り値とFの値は同義語です(笑)。

で、確かにF値(=絞り値)が小さい方が、写真は明るくなりますが、ピントが合ってもシャープにはならないことがあるんです。

どういうことか?

「シャープなピント」の反対語には「ソフトなピント」という表現があります。レンズのF値が小さいと、ピントはソフトになる傾向があるのです。

具体的な例を挙げて説明します。ここからは、写真をクリックして大きなサイズで見て下さい。

7D-0670a.jpg
Canon EOS 7D feat. EF50mm F1.4 ISO100

某うさぎさんのポートレートを撮ったとして、一部分を拡大してみます。

7D-0670.jpg

これはF値1.4での撮影ですが、どことなくまるで曇ったメガネで見ているような現象が起きていることにお気づきでしょうか。後ろの柵もなんだかピントが合っていないように見えます。

これが、「ソフトなピント」の状態です。

ここから、F値を少しずつ多くしていきます。

7D-0671.jpg
F2.0

7D-0672.jpg
F2.8
この時点でF1.4よりはるかにピントがシャープになっている(=メガネの曇りがとれてきている)ことがおわかりでしょうか。

7D-0673.jpg
F4

7D-0674.jpg
F5.6

7D-0675.jpg
F8

7D-0676.jpg
F10
一番ピントがシャープな状態です。あまりにのシャープで、某うさぎさんのまわりのホコリやゴミまでくっきりと写ってしまっています(滝汗)。

というように、F値を多くしていくとピントがシャープになりますが、しかしそれに伴ってシャッタースピードも遅くなります。つまり、F値を多くしてシャープなピントを得ようとすると、手ブレを起こす危険性も高まるのです(もちろんその場合は、感度を上げれば解決策になります)。

ほとんどのレンズでは、F値の最大値は22です。では、F値を最大にすると最強にシャープなピントを得られるかというと、そうではないんです。

7D-0677.jpg

これはF値が22の状態の写真ですが、かえってピントがF1.4みたいにソフトになっているのにお気づきでしょうか。

つまり、「一定以上のF値にしてしまうと、かえってピントが逆行する恐れがある」のです。

個人的には、私はF値を10以上に設定することはありません。状況にもよりますが、F10で限界だと私は考えています。

もちろん被写体や状況によって、F値を小さくしてシャッタースピードを速く設定し、どうしてもピントがソフトにならざるを得ないこともたくさんあります。しかし、一度っきりのシャッターチャンスの場合は、ピントがシャープか否かなんて考えるヒマはありません。何よりも失敗しない写真を撮ることが優先されるので、その場合は絞り優先モードよりもプログラムモードにしてカメラ君に任せるのが正解です。



これで後輩君の質問にお答えできたでしょうか・・・(滝汗)。

後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 Second Season vol.5「ピントと絞りの関係」

2012年01月04日 11:13

kouhai001A.jpg
EOS KISS X3 feat. EF-S18-55mm IS

皆様、明けましておめでとうございます!

っていうか、皆様に忘れられてしまうくらいに久しぶりのブログ記事の更新です。今年は定期的にアップするよう心がけたいと思っていますです。

上記の写真は、後輩君が作った木目込み人形の写真です。色といい全体的な構造といい、芸術的なセンスがあってすごくいいですね~。見てるだけで縁起をかつげる感じがします。

また、標準ズームレンズを使用しているのに、全体的にピントが合っていて、ピントがカリっとシャープに決まっています。私的にはこのくらいなシャープなピントが大好きです。

さてさて、前回(とは言ってもかなり前ですが)の記事のコメントで、後輩君から以下の質問がありました。

「また一点質問なのですが、こういう場合(前回の記事の太白君)でも、EF50mm F1.4の方が、標準レンズより良いのでしょうか?」

答えはもちろん「ノー」であり、カメラとレンズの組み合わせはユーザーの好みで全然大丈夫です。どちらかというと、EF50mm F1.4を私が押しつけてしまった感じもあるので、これについてはちゃんと説明しておらず、反省しています。

後輩君がこのような質問をしたことには、もちろん単焦点ではズームができないという点もあると思うのですが、実際には「思ったよりピントがシャープではない」という問題を心のどこかに持っていることが関係していると思われます。

というわけで、今回は「絞り」についてちょっとお話ししましょう。

ピントがシャープになることと、レンズの「絞り」は、密接な関係にあります。なぜか?

絞り値が少ないということは、短時間で多くの光を得ることができる=シャッタースピードが速くなる、という現象が起きます。これは人間のまぶたで言うと、まぶたを一瞬だけ開いてすぐに閉じる、という感じです。

では、実際にこのことを行うと、目に見えた物はどのくらい記憶しているか?

おそらく短時間で見た物は、あまり記憶がないでしょう。これに対して、長い時間まぶたを開いてじっとしていると、目に見える物をより多く記憶することができます。

これをカメラのレンズに置き換えると・・・・

シャッタースピードが速い(=まぶたの開閉時間が速い)と、ピントが合う範囲が狭くなり、どちらかと言うとピントは甘くなりがち(=見えた物の記憶が少ない)です。

これに対して、シャッタースピードが遅い方だと(=間舞台の開閉時間が遅い)と、ピントが合う範囲が広くなり、どちらかというとピントがシャープになりやすくなります(=見えた物の記憶が多くなる)。

このように、ピントが合う範囲の浅さ・深さを、専門用語で「被写界深度(ひしゃかいしんど)」と言います。

では、シャッタースピードを遅くしてピントをシャープにするにはどのようにしたらいいのか?

もちろんシャッタースピード優先モードで設定を遅くするのも正解ですが、しかしこれでは写真が暗くなりすぎたり、明るくなりすぎたりしてしまいます。もちろん手ブレも起きやすくなります。

もっと簡単な方法が、絞り値優先モード(Avモード)を使い、絞り値を多くすることです。

すなわち、絞り値の多さ=ピントのシャープさ、という関係になっているわけです。

5D2-1906.jpg
Canon EOS 5D Mark II feat. EF70-200mm F4 IS USM ISO250 F9.0 1/80Sec.

この写真は、絞り値をかなり多くし、感度をちょっと上げて撮影した物です。何とかピントをシャープにすることに成功しました(キタキツネさんの毛が細かく見えるのがおわかりでしょうか)。

ちなみにEF50mm F1.4の場合は、絞り値(=F値)を4ぐらいにするとかなりシャープなポートレートが撮れるようです。

ところで後輩君の質問に、「正面を向いている人のポートレートを撮る場合、左目と右目のどっちにフォーカスロックをすればいいのか」というのがありました。これは、どちらの目にフォーカスロックしてもかまいません。左も右も目がレンズに対して前後の位置にはなく、並列しているので、どちらにもピントがあう状態となっています。このことは、上のキタキツネさんの写真を見るとおわかりいただけるかと思いますです。


後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 Second Season vol.4「動きのあるポートレート」

2011年10月27日 11:11

IMG_3996a.jpg
Canon EOS Kiss X3 feat. EF50mm F1.4 USM ISO3200 F4 1/125sec.

早速後輩君が、太白くんの目にフォーカスロックを当てたポートレートを送ってくれました。前回の写真と比べると、よりキリッとした表情になったと思います。

あ、この写真では太白君にフォーカスロックされていて、バイキングのおじさんにはピントが合っていません。この
ことについては、次回の記事で詳しくお話しします。

さてさて、前回の記事のコメントに、後輩君からいくつかの質問をいただきました。順番が前後してしまいますが、個人的に見て大事な順番からお答えしようと思います。

後輩君からの質問:
「ロッピア君のようにおとなしいモデルさんならいいのですが、小さい子どもなど、動き回る対象を撮影する時には、目にフォーカスロックをしてから構図を取る、というのが難しいです。そうした場合に、良い方法はあるでしょうか。」

確かに、子供さんは基本的にじっとすることはなく、とにかく動き回ります(笑)。しかも撮影場所が室内の場合が多く、シャッタースピードが遅い環境です。

私自身、こういう状況での子供さんの動きのあるポートレートはあまり得意ではありませんが、自分が行っている対策を紹介します。

まず、動き回る被写体は、前回話した「目へのフォーカスロック」が大変厳しいです。この場合は、ピントがどうとかいう話よりも、シャッターチャンスが優先されると思います。その時の笑顔・いい表情は、後で同じ状態で撮れるものではありませんから。

その時には、ピント設定を全自動にし、顔を中心としてフォーカスロックをするといいと思います。とにかくピントボケだとか手ブレだとか写真ブレだとか言ってられる状況ではありません。むしろ、ブレのある写真の方が、動きのある写真として残せるので、それはそれで全然いい写真になると思うのです。

で、このブレの現象の原因には、シャッタースピードが遅いことと関係しています。だからと言ってシャッタースピード優先モードでシャッタースピードを速くすると、基本的に暗い写真になってしまうのです。

この場合の対策としては、感度を上げ(800や1600は当たり前、状況によっては3200)、絞り優先モードで数値を最小にするといいでしょう。もちろん、昼の明るい環境であれば低感度設定で。

これはシャッタースピードの設定ですが、それよりも判断が難しいのが、「動き回る被写体のピント合わせ」。

さっきも言ったように、あまりピントのことを考えているとシャッターチャンスを逃してしまいますが、しかしながら可能な限りやっぱりピントははっきりとした方がいい、と考えるのは自然です。しかし、一度フォーカスロックしても、すぐに動き回られるとまたピント設定からやり直さなければならない・・・。

上記の話は、シャッターボタンのモードを「シングルショット」に設定している状態でのことです。つまり、一度シャッターを押したら、一枚の写真が撮れるモード。

これに対して、「連続撮影モード」というものがあります。いわゆる連写です。

その連写の設定方法ですが・・・
1. カメラ背面の十字ボタンのい右を押す。

kissx3001a.jpg

2. 画面の小さな四角が一つの状態が「シングルショット=1シャッターにつき1枚」の状態になっているので、これを複数の小さな四角が重なった「連続撮影モード=シャッターを押している間は1秒につき最大4枚の写真」に設定する。

kissx3001b.jpg

これで連続撮影モードの設定が完了ですが、動きのあるポートレートの場合は、これに加えてちょっとコツがあります。

普通、連続撮影すると、何枚か撮ったあとに指をシャッターから離してしまいます。そうすると、またピント設定からやり直しになります。しかし、動きのあるポートレートの場合は、ピント設定だけに時間がかかってしまいます。

どうすればいいか?

対策として、「シャッターボタンから完全に指を離さない」という方法があります。

つまり、シャッターを押して撮影が終わったら、指を完全にシャッターボタンから離すのではなく、「フォーカスロックして撮影準備ができた状態」に戻すのです。つまり、撮影→シャッター半押し状態を維持、です。

こうすると、ピントがフォーカスロックされたままの状態を維持でき、さらには連続撮影モードの状態だから、いつでも連続で動きのある被写体を追いながらポートレートが撮れるわけです。

7D-0150.jpg

Canon EOS 7D feat. EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM IS0800 F3.5 1/60sec. フラッシュON

自分の親戚の子供を例としてお見せします(顔の一部であり、全体的に特定できないと思うので、アップしても大丈夫と判断しました)。この子も非常に動き回るんです(笑)!!

あ、フラッシュの使い方については、また後日・・・でも、シャッターチャンスのためなら内蔵のフラッシュを使ってもいいと思います。

念のために、さっき話した「指をシャッターボタンから離さない」件を、動画でより詳しくお見せします。動画の後半、ピント合わせの音がしていない=指を離していないからフォーカスロックが維持されていることがおわかりだと思います(カメラはEOS 7D feat. EF50mm F1.4 USM)。



高画質で撮った動画なので、720p+フルスクリーン見ていただければ幸いです。

っていうか、最後の「おまけ」は余計でしたね(笑)。

ちなみにこの動画、撮影したカメラはなんとiPhone 4Sなんです!EOSムービーに負けない画質かも・・・(滝汗)。

次回は「複数人物がいる時の撮影方法」についてお話しします。


AE-1、シェイクダウン。

2011年08月19日 23:02

一日遅れましたが、祖父の形見である銀塩カメラことCanon AE-1のフィルムが現像されてきたので、その一部を以下にアップします。

共通データ:Canon AE-1 feat. FD50mm F1.4 S.S.C. Fuji スーペリア400(ASA/ISO400)


実家から帰る直前の空港にて。

takubo_ae1_008.jpg

飛行機の窓から見た、夕暮れ過ぎの空。

takubo_ae1_007.jpg


このレンズ、私が大好きかつ大得意とするEF50mm F1.4 USMよりもピントがあう範囲が狭いみたいです。まるでF1.2クラス??(その意味で、写真のパフェは失敗ですね、苦笑)。

takubo_ae1_005.jpg

暇だから撮ってみた、夜の駅前。

takubo_ae1_006.jpg

このように、感度400であるにもかかわらず、違和感を覚えるほどのざらつき(=デジカメで言うところのノイズ)はありません。これは、果たしてAE-1というカメラの性能なのか・・・。

ちなみにフィルムカメラ特有の「課題」もいくつか・・・。

なによりもまず、「現像代」。デジカメはパソコンですぐ見れるから現像代という概念はほとんどないのですが、フィルムになると素人が扱えるものではないので、どうしても業者に頼まざるを得ません。まぁ画質が綺麗に仕上がるからいいんですけど、ね。

実を言うと、中学生時代にカメラクラブをやっていたこともあり、一応は現像の仕方は身についています。しかし、暗室を作ったり、現像液をそろえたりすると・・・おそらくMac Pro一台は買えてしまう予算ですね(苦笑)。

それから、現像してプリントした写真をスキャンする際にも、ちょっと神経質になったりします。というのも、小さなホコリやゴミがスキャン画像に顕著な形で現れ、フォトショップでいちいち消す必要があるんです。

何はともあれ、しばらく私はこのAE-1で遊んでしまいそうです。RVP(富士フイルムのリバーサルフィルム・ベルビア)ASA100を入れて、昨日も何枚か撮ってしまったし(笑)。


最新記事