FC2ブログ

友人さんのためのデジタル一眼レフ講座 Vol.2〜ピントの合わせ方(その2)〜

2012年08月03日 16:33

前回、ピントを正確に合わせるためのカメラ側の設定、およびピントの合わせ方の基礎としての「フォーカスロック」についてお話ししました。

このフォーカスロック、および「カメラ任せではなくて一点集中型のピント合わせ設定」は、いつもこのままにしなければいけないのか?あるいは、カメラ任せの設定はダメなのか?

答えはNOです。時としては、ピント合わせをカメラに任せなくてはならない時もあるんです。

それはいったい、どういう場合か?

例えば旅行とかに出て、きれいな風景の写真を撮りたい、という状況になったとしましょう。

周りには、青空があり、山があり、森林があり・・・見ていると、全部きれいに撮りたいものです。

では、その風景を撮影するとき、どこにピントを合わせればいいのか?

前回教えたフォーカスロックを使って、どこに焦点を当てればいいのか>

青空か?

山か?

森林か?

答えはどれも違います。では、正解は何か?


正解は、「全部にピントを当てればいい」のです。


しかし、一点集中型のカメラ設定、そしてフォーカスロックでは、ピントを合わせる場所は1つしか決められません。

こういう場合、どうすればいいのか?

自分ではどこにピントを合わせればいいのかわからない時、まさに「カメラ任せ」にすればいいのです。


その設定方法ですが、前回の記事で教えたピント合わせの操作を行い、「シングルポイントAF」(=一点集中型)の設定から「オートエリアAF」(カメラ任せ)に戻すだけです。

こうして風景にピントを合わせると、さっきの一点集中型のピントとは違い、一気に多くのポイントでピントが合うようになっているんです。

これでシャッターを切ると、全部の領域にピントが合った写真が撮れるんです。

具体的には、こんな感じでしょうか。

5D3-001a.jpg
Canon EOS 5D Mark III feat. EF17-40mm F4 L USM F11 ISO100

基本的には、「遠近の違いがある場所ではフォーカスロック、そしてかなり距離が離れた風景の写真ならカメラ任せ」という感覚を覚えていただけたら、大部分はこの設定でいい写真が撮れます。

ちなみに前回の記事で後輩君のコメントにあった、Canon EOS Kiss X3におけるフォーカス設定についてですが、EOSの場合はボディ裏側の右上にある、「フォーカス設定ボタン」を押してから十字ボタンで操作し、最後に十字ボタンの真ん中にあるSETを押すと、ライブビューでない状態でもカメラ任せとシングルポイントの設定を変えることができます(モードダイヤルがP、Av、Tv、Mの時)。十字ボタンで横を連打すると、カメラ任せ(=フォーカスの点が全てついている状態)になります。

kissx001.jpg

次回は「写真の明るさを簡単に変える方法」についてお話しします。
スポンサーサイト



友人さんのためのデジタル一眼レフ教室 #00「開講ののあいさつ・・・」

2012年04月25日 20:37

どうもみなさんお久しぶりです!

前回「後輩君のための一眼レフ教室」シリーズで、一通りのポートレート撮影の基礎を教え終えました。

あれから後輩君がたくさんの写真をメールやFacebookで見せてくれて、どれもポートレートはおろかジャンルを限定せずいい作品に仕上がっています(中には人の顔が写っているのもあるので、ここではあえて掲載しません)。

これで私の後を継いでくれる弟子が完成した・・・と思っていたところで、嬉しいオファーが届きました。

ちょっと前の話ですが、以前から私の友人であるAkiさんが、デジタル一眼レフデビューをしたい、とのこと。

で、このAkiさん、ご家族がすでにニコンのフィルムカメラを使っており、そのカメラのレンズが2本あるのだとか。

レンズがあれば、デジタル一眼レフのデビューはとても簡単です!というのは、最初はどこのメーカーのカメラにするかでかなり悩みまくるのですが、すでにフィルムの一眼レフのレンズがあれば、(一部例外を除いて)そのレンズが同じメーカーのデジタル一眼レフにそのまま使えるからなんです。

Akiさんはニコンのフィルムカメラのレンズを持っていたため、必然的にデジタル一眼レフのメーカーはニコンに決まりました。

というわけで、Akiさんと私の行きつけのカメラ屋で物色していたところ、「これだ!」と言える一台を見つけ、すぐ購入にいたりました。

そのカメラこそ、ニコン・D7000です。

Nikon_D7000_Digital_SLR_Camera_05a.jpg

有効画素数1620万画素、100パーセントの視野率、SDカードを同時に2枚搭載でき、そして防滴防塵機構・・・私はキヤノンユーザーなので詳しいことはよくわかりませんが。このD7000、キヤノンで言うとEOS 7Dに相当するミドルクラスのカメラで、プロカメラマンからも絶賛されているそうです。

ただ、このAkiさんは一眼レフのデビューをするわけで、このカメラの使い方をあまり知りません。

そこで今回、私のブログで新しいデジタル一眼レフ教室を開講することにしました。


題して、「友人さんのためのデジタル一眼レフ教室」。


この教室(とは言っても私自身決して自分をプロと胸を張って言えるほどのレベルではないのですが)では、デジタル一眼レフを始めるどころかこのタイプのカメラを触ることすら初めての方に向けるもので、初歩的な写真の撮り方から「もしかして、自分、プロ?」と自分自身で思えるほどに一直線にレベルアップすることを意図としています。

だからといって、「ここはこうしろ!」とか「その設定はダメぇ!」というような鬼軍曹になるつもりは毛頭無く、あくまでAkiさんの成長に合わせて私が知っていることを教えるだけです。

以前の「後デジ」を見ていた人からすると、またふりだしからスタートに見えるかもしれませんが、時としてはこの「後デジ」で教えなかったことをプラスアルファで付け加えるので、いままでのおさらいという意味でも見ていただければ幸いです。


具体的にどういう教室になるかはわかりませんが、何はともあれ、新しいデジタル一眼レフ教室が始まります!


☆可能な限り毎週更新します(土下座)。

後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 Second Season vol.3「私なりのポートレート撮影の基本」

2011年10月24日 12:38

IMG_3238a.jpg
Canon EOS KISS X3 feat. EF50mm F1.4 USM ISO400 F1.4 1/50sec.

後輩君宅にて住んでいらっしゃる、ドイツ生まれの竜「太白くん」だそうです。ポートレートレンズとしてはミッニョルでありグングニルであり覇者の剣であるEF50mm F1.4 USMを装備し、前回の記事でお話しした「フォーカスロック」を駆使していることもあり、被写体にピントが合い、また背景の邪魔な要素がボケによって隠された、いい感じの横顔ポートレートになっています。

さてさて、今回の記事でやっとポートレート撮影についてお話しするのですが、ここではこの太白君をもっとハンサムに撮れる方法をご紹介します。

ただし、この記事(およびこの「後デジ」全体)で話すことは、あくまで私自身の撮影方法であり、一般的な撮影方法の基本とは大きく異なることがありますのでご了承願いますです。

さてと、ポートレートについて話す前に、このポートレートを撮るために必要不可欠なのが、被写体であり、厳密に言うと「モデルさん」です。これがないとポートレートそのものの意味がありませんしね(笑)。

しかしながら、人の顔をブログでアップすることはおろか、見知らぬ人のポートレートを撮らせてくれる機会なんて、1年に1回でもあればすっごくラッキーです。ほとんどの場合、写真を撮られることに抵抗をもたれるのが普通ですし、しかもブログでアップしようとすると「肖像権」という大きな問題もあります・・・。

で、この「後デジ」のモデルさんをどうするか・・・と悩んでいたときに「ぜひとも私をモデルにしてください」と名乗り出てくれた人がいました!!

しかもかわいいイタリア人!!!

というわけでご紹介します。ポートレートのモデルになってくれる、ロッピア君です!!

7D-9165.jpg

どうです?かわいいでしょ(笑)?

こう見えても、本当にイタリア国籍なんですよ、彼。

それでは彼をモデルにして、実際にポートレートしてみましょう。

EF50mm F1.4 USMを使ってごく普通に写真を撮ると、このようになります。

7D-9169.jpg

これはこれでいいと思うかもしれませんが、この写真をクリックして大きなサイズにして、細かく見てください。何か気づきませんでしょうか?


実を言うとこの写真、ロッピア君の手前の目のピントがボケているんです。

本気でポートレートを撮ろうとするとき、プロカメラマンの厳しいチェックがあるとこの写真ではアウトとされるかもしれません。

なぜこのようなことが起きてしまったのか?

原因は、「ピント合わせを自動設定にし、カメラまかせで撮影したため、被写体の鼻にピントがあってしまったから」なんです。カメラにピントの判断をまかせてしまうと、このようなことが頻繁に起きます。

では、どうやってこの問題を解決できるか・・・その答えが、まさに前回の記事でお話しした「フォーカスロック」なんです。

では、どこを基準にしてフォーカスロックをすべきか?

答えは人によって様々かもしれませんが、私はいつも、被写体の「目」を基準にしてフォーカスロックをしています。

すると、このようになります。

7D-9167.jpg
Canon EOS 7D feat. EF50mm F1.4 USM ISO200 F1.4 1/250sec.

こっちの方が、被写体の言わば「眼力(めぢから)」が際立って、いい感じのポートレートになるのではないでしょうか。

フォーカスロックとピントボケの関係で、極端な例を載せてみます。

7D-9168.jpg
Canon EOS 7D feat. EF50mm F1.4 USM ISO200 F1.4 1/250sec.

F1.4というものすごく極端なサンプルにしてみました。本来ならプロの方ならアウトと判断されるかもしれませんが、しかしこの場合では被写体の「眼力」に救われて、雰囲気のあるいいものになったと私は個人的には思っています。

さらに厳密に言うと、フォーカスロックで合わせるべきは顔の中で、「目の眼球、しかも(可能であれば)白目と黒目の境」です。なぜなら、仮にF1.4というボケやすい設定で撮影すると、まつげと眼球の間でもピントが異なってくることもあるからです。この場合、まつげにピントがあって眼球がボケていると・・・後は想像が付きますね(笑)。

ちなみに近距離のポートレートならフォーカスロックの標準は目ですが、ちょっと遠目からの撮影で、しかも被写体が完全に横を向いていて目にピントを合わせることができない場合は、耳にピントを合わせるとちょうどいい感じになると思います。

というわけで、ポートレート撮影の際、「単焦点はフォーカスロック」というのだけは最大のルールと思って下さい。もちろん、単焦点ではない標準ズームレンズでも、ポートレート撮影時にはフォーカスロックが必須です。

後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 Second Season vol.2 「フォーカスロック」

2011年10月10日 10:54

ここんとこ私用で忙しかったため、更新が遅れてしまいました!ごめんなさいですっ!

さてさて、今回の「後デジ」では、単焦点レンズことEF50mm F1.4 USMを使いこなすための、いわば「基礎中の基礎」についてお話ししたいと思います。

実を言うと以下の話は、すでに一度後輩君に教えたことがあるのですが、しかしポートレート撮影には必須の基礎と思われるため、確認の意味も込めて詳細に説明したいと思います。

このEF50mm F1.4というレンズは、最小の絞り値が1.4となっています。これはどういうことかというと、(細かい説明を省いて結論だけを言えば)「背景がとにかくボケやすい(=ピントがぼやけやすい)ということです。」

例えばポートレートを撮る際にこの数値を使うと、撮りたい人の顔にピントが合い、その後ろはボケてしまうので、人の顔がクローズアップされた写真になるというわけです(だからこそ、このレンズはポートレート撮影に最適と言われています)。

では実際のこのレンズを装着して、試しに近くにあった花を撮ってみようとすると・・・

なぜかこんな結果になりました。

7D-0193.jpg

手前がボケていて、背景にピントが合っている・・・。

もちろん、この写真がいいものではないことは、誰の目から見ても明らかです。表現意図は手前の花だったのだから。

なぜ、このようなことが起きてしまったのか?

理由は、ピント合わせを「自動設定」、つまりカメラに判断を任せていたからです。

もちろん、この自動設定は基本的には使っていていいんです。しかし、時としてはこの自動設定、誤った判断をすることがあるんです。

このままでは自分の撮りたい写真が撮れない・・・では、どうしたらいいか?

まず、下準備をしましょう。

1.カメラ背面の一番右上にあるボタンを押す(黄色く囲んであるボタン)。

kiss005.jpg

2.すると液晶画面がピント設定モードになります。

kiss004.jpg

3.カメラ背面にある十字キーのどれかを押すと、ピント設定画面のマークが一点になり、ファインダーで見えるピント標準の位置を決めることができようになるので、ここでは十字キーの真ん中にある「SET」を押す。

4.ちょっとだけシャッターを半押しにして、撮影準備完了。

こうすることで、半押しでピント合わせをすると、ファインダーのピント標準の真ん中に重なった部分にしかピントが合わないようになります。

ちなみに再び自動設定に戻したいときは(自動設定は遠い風景撮影などで非常に有効です)、上記の手順を繰り返すとOKです。

さてさて、ピント標準を真ん中だけに設定した後で、さっきの花に戻りましょう。

設定を変えても、そのまま写真を撮ると、花にピントが合いません。なぜなら、真ん中に設定されているピント標準が背景の部分に重なっているから。

そこで、カメラそのものをずらし、ピント標準を一度花に合わせます。そして、シャッターを半押しにしてピントを合わせます。

7D-0195.jpg

この時、まだシャッターを全押しにして写真を撮っちゃダメ!! ピントを合わせたら、絶対にその人差し指を半押しのままから離していけません。半押しのままで維持してください。

そして半押しを維持したまま、再び本来撮りたかった写真の位置までカメラを戻します(専門用語で言うと、「構図を戻す」・・・構図については、またいつかお話しします)。

カメラの位置を戻したら、半押しのシャッターを全押しにしてパシャリ!

7D-0194.jpg
Canon EOS 7D feat. EF50mm F1.4 USM ISO100 F4 1/1000sec.

これで、本来撮りたかった写真を撮ることができました。

このように、一度カメラをずらしてピント(フォーカス)を固定(ロック)する・・・この技は、一般的に「フォーカスロック」と呼ばれるものです。

とりわけ最小絞り値の少ない単焦点レンズは、背景がとにかくボケるため、ピント設定がかなりシビアです。そのため、ピント自動設定では納得行く写真を撮れないことが結構あります。

「単焦点レンズはフォーカスロック」・・・ポートレート撮影において、私が自分の中で決めている大原則です。

可能であれば、ピント設定を自動から真ん中のみへのチェンジを、できるだけ速く行えるよう訓練しておけば後でだいぶ楽になります。

ポートレートでは、フォーカスロックが写真を左右すると言っても過言ではありません。

それはなぜか?

その答えを、次回の講座でお話しします。

☆次回からポートレートについて本格的にお話しするために、モデルさんを使います!お楽しみにッ!

Re: 後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 Second Season vol. 1

2011年09月26日 23:55

というわけで、セカンドシーズンに入った「後輩君のためのデジタル一眼レフ教室」、略して「後デジ」(笑)。

今回は、後輩君にあげた教材一式をここで紹介させていただきます。

まず、ポートレートを撮るにあたっておそらく最強レンズであろう、EF50mm F1.4 USM。

レンズとしての詳細はこちらを見ていただくことにするとして、このレンズ、私個人に限定しての話ですが、あらゆるタイプのキヤノンデジタル一眼レフにおいて最強を誇るレンズだと思います。

なぜか?

このレンズ、ズーム機能がついていない、50mmだけのいわゆる「単焦点(たんしょうてん)」と呼ばれるレンズです。ズームレンズって、内部で複数のレンズを動かすことがあるから、時としては微妙なズレが生じ、ピントがきちんと定まらないことがあるようです(もちろん、すべてのズームレンズでということではありません)。
これに対して単焦点レンズは、ズームしないゆえにレンズの位置が固定されるので、はっきりとしたピントのまま固定される、ということにもなります。

ピントが固定されるということは、使い方のよってはカリッとしたシャープな写真撮影が期待できる、ということになるのです。

次に、このレンズはF値が1.4となっている。つまり、この数値が少なければ少ないほど、暗い場所でも瞬時により多くの光を取り込める、すなわち「シャッタースピードの速い撮影ができる」ということになります。
どういうことかというと、「室内でのポートレートでも感度少なめで手ブレしにくい写真が撮れる可能性が大きくなる」ということなんです。

そして、F値が少ないと、いわゆる「背景がぼけた写真が撮れる」ことにもなります。つまり、ポートレートのモデルにピントが合い、それ以外はぼけ、よりモデルがクローズアップされた写真を撮れるのです。

ちなみにこのEF50mm、後輩君が持っているEOS KISS X3が属しているAPS-Cサイズのカメラでは、実際の数値は約80mmになります。でも、これはファインダーで見た時、ちょうど実際の肉眼で見る大きさとほぼ変わらなくなるので、まさに「視界から一部を切り取るような写真を撮ることができる」のです。

KDN_MG_0455.jpg
EOS KISS DIGITAL N feat. EF50mm F1.4 USM

USM(=Ultra Sonic Motor)が入っているので、ピント合わせもスピーディに行えます。

私は仕事で撮影するときのレンズ選びで迷った時は、まずはこのレンズを必ず一本持つことにしています。このレンズを使って撮影して、「やっぱりこのレンズにしない方が良かった」と思ったことが一度もないからです。
プロのカメラマンさんたちも、このレンズは高く評価しているようです。

次に、EF70-300mm F4-5.6 IS USM。
詳細はこちらで見ていただくことにするとして、私はこのレンズを、主に野鳥撮影の時に使っていました。装着すると、まるでバズーカ砲ですけど(笑)。でもまぁキヤノン(=大砲)のレンズだから、それはそれでいいかも。

EOS-6081.jpg
EOS KISS DIGITAL N feat. EF70-300mm F4-5.6 IS USM

このレンズには、IS(=Image Stabilizer、手ぶれ補正機構)がついているので、手ブレが起きにくい写真をとることができます。

かなりズーム側なレンズですが、実はこのレンズも、時としてはポートレートやマクロ撮影で使えたりするんです。詳しくは、後の講座で・・・。

最後に、スピードライト270EX。いわゆるEOSの外付けストロボ(=フラッシュ)です。

え?前回の後デジで「フラッシュの使用は原則禁止」と言ってたじゃないかって?

その通りです。ただ、それは厳密に言うと「内蔵式フラッシュの使用を原則禁止」だったわけです。この外付けストロボ、時としてはポートレート撮影には欠かせないアイテムにもなるのです。詳しい扱い方は、また後日・・・。

というわけで、今回の後デジでは基本的にこれらの機材を使って講座を進めて行きたいと思います。

次回は、ポートレート最強レンズことEF50mm F1.4の基本操作についてお話しします。


最新記事