FC2ブログ

後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 Second Season vol.7「フラッシュを使うときの鉄則」

2012年03月13日 18:32

すいません・・・このところ冗談じゃないくらい忙しくて、やっとブログ更新です(土下座)。

さてさて、実を言うと後輩君からはこの「後デジ」で覚え、実践した結果を、メールで送ってきてくれました。ただしそれらはポートレートであり、人の顔が写っているので、撮影者の意向によりこのブログでは掲載を見送っていたのです。

その写真で言えることはただ一つ、「とてつもなく上達した」ということです!! 

基本的に写真の構図取りが私よりも優れており、したがって技術さえ身につければ、10年近く写真をやっている私を脅かすまでに成長しています。基本的に好きなレンズはズームレンズのようですが、それはもちろん正解です。カメラのユーザーによって、好きなレンズが単焦点かズームかは変わるのですから。

さて、そんな後輩君に(パソコン上ではなくて)カメラの技術的な点で教えるべきことはあと一つとなりました。
すなわち、「フラッシュの使い方」です。

一例を除いて、ほとんどのカメラに「フラッシュ」(メーカーによってはストロボとかスピードライトという言い方もあります)がついています。これは、暗いところで被写体を撮影するために使うものです。

なぜかというと、暗いところで普通に写真を撮ろうとすると、どうしてもシャッタースピードが遅くなり、手ブレあるいは被写体ブレがものすごく激しくなり、失敗写真がたくさん撮れてしまうからです。

というわけで、このフラッシュを使うことによって一瞬だけ周りが明るくなり、被写体が撮れることは撮れるのですが・・・

実際にモデルのロッピア君を撮ってみましょう。

まず、暗いところで、フラッシュなしの状態で撮影。

7D-9179.jpg

これでは被写体がまっくらで、何を撮ってるかわかりませんね。さらに彼がもし動いていたら、被写体ブレが起きまくりです。

で、そこでカメラの内蔵フラッシュを使って普通に撮ってみましょう。

7D-9180.jpg

もちろん撮れていることには間違いないのですが、これを作品として見ると、おそらくプロカメラマンは「ダメ。アウト。ありえない」と一蹴される危険性があります(涙)。

なぜか?

この写真では、フラッシュを被写体に向けて「直射」しています。つまりフラッシュの光が届く方向が、直接被写体に向かっているのです。

その結果。手前の被写体だけが明るくなり、その後ろが真っ暗になるという、言わばポラロイドみたいな写真になってしまうのです。

しかもこの写真ではわかりませんが、人間の顔を同じように撮ると、顔の肌が肌色ではなくて真っ白になってしまいます。これは、フラッシュの光が被写体の顔に反射することで、フラッシュの白い色がそのまま反映されてしまうのです。

被写体だけではなくて背景にまで光を届かせ、そして前面の被写体と背景にバランスよく光を与える、なおかつ肌の色をちゃんと出したい・・・どうすればいいでしょうか?

そこで使うのが、内蔵フラッシュではなくて外付けフラッシュことCannon Speedlite 270EX!

550D270EXa.jpg

ちょっとカメラが不格好になってしまいますが、この小さな外付けフラッシュが問題の大部分を解決してくれます。

なぜか?

もちろん、この270EXを付けても、そのままで撮ろうとすると、直射のフラッシュになるので内蔵フラッシュと同じ結果になってしまいます。

そこで、この270EXのフラッシュの部分をちょっと引っ張り、思い切って上側にあげてみましょう。大丈夫。可変式なので壊れません(笑)。

こうなるはずです。

canon-270ex-flash-tilta.jpg

フラッシュの発光部分が上を向いた状態になっています。

だまされたと思って、このままで被写体を撮ってみてください。

え?光が上を向いているから明るくならないだろうって?いやいや。まずは撮ってみて下さい。

こうなります。

7D-9181.jpg

上の「アウト写真」と比べてみてください。被写体にはあまり光が強くなく当たっており、しかも背景も明るく撮れています。

いったい何が起きたのでしょう?

実を言うと、外付けフラッシュの光は、天井を照らしました。これによって、天井に当たった光はその天井を明るくすると同時に光の当たる範囲を増幅させ、そのまま下に反射したわけです。

つまり天井は暫定的な「デカいレフ板」になり、バランスよく前側の被写体と後ろ側の背景に光を届けた、ということなんです。

このように、被写体に直接光を当てるのではなく、天井や壁を反射させてフラッシュを使うことを「バウンス」と呼びます。

バウンス撮影をすることによって、シャッタースピードを早くしつつ、バランス良いフラッシュを当てることができるので、モデルさんがより際立った室内ポートレートを撮ることができるのです。

5D2-4368.jpg
Canon EOS 5D Mark II feat. EF70-200mm F4 IS L USM ISO800 F6.3 1/125sec.

ちゃんとしたバウンス撮影の例です。上から間接照明をすることによって、バランスいい光を当てることができました。

ところで外付けフラッシュの270EX、上に向ける角度を調節できるようになっています。これは、「被写体が自分から近ければ近いほど真上に、そして遠ければ遠いほど前側に曲げる」というようになっているからです。光の反射する角度を予測して、270EXを上にする角度を調節します。

また、このバウンスを使っても全体的に写真が暗い場合は、ISO感度を上げて撮ると、より明るくなります。

ちなみに「バウンス」について詳しく知りたい場合は、キヤノンさんの公式サイトでもっと詳しく説明してありますので、このサイトをご覧になってください

・・・と、私がポートレート撮影について教えることは、基礎としては以上になりました。

もちろんデジ一眼について、教えるべきことはまだあります。例えば「RAWでの撮影」についてとか・・・。

ただ、まずは後輩君にデジタル一眼レフの技術的なところをしっかりとマスターし、私がカメラについて教える必要がなくなるようになってからRAWを教えたいと思います。

というわkで、一応「後デジSecond Season」は終わりますが、もちろん「デジタル一眼レフ教室」は終わりません。

詳しくはまだ秘密ですが、もうちょっと視点を変え、初心者のためにもっと基礎からデジタル一眼レフを教えるような内容を扱う予定です。それも、近いうちに・・・。

後輩君にも、ある意味の「今までのおさらい」的な感じで今後も教えていきたいと思います。

おっと後輩君、私のメール宛てでいいから、これからも上達したポートレート写真を見せてくださいね☆

スポンサーサイト



後輩君のためのデジタル一眼レフ教室 vol.0「幕開け・・・」

2011年01月02日 16:08

去年のクリスマス前の話になりますが、私の大学院時代の後輩君から久しぶりにメッセージが届き、新しくデジカメを買いたいのでいろいろ相談に乗ってほしい、とのこと。

後輩君は女性であり、2011年初期に旅をするために。使いやすくて画質が綺麗なカメラが欲しい、というリクエストでした。女性と言うことに配慮し、できるだけコンパクトで軽量、そして高画質ということを検討し、彼女には「OLYMPUS PEN Lite E-PL」あるいは「Panasonic LUMIX GF1」あたりを勧めようと思っていました。

で、当日後輩君に会って具体的な話を聞いたところ、基本的なスナップ(日常的・日記的な写真)は今まで使っているコンパクトデジタルカメラで撮り続けるとのこと。だからせっかく買うならしっかりとしたカメラで、そのためならボディのサイズや重さはあまり気にしない、とかなり本気思考だったのです。

そこまで本気なら私も妥協無しで指導しちゃろうやんけ!カメラマン・アイ開眼!くわっ!!ってな感じで大手家電屋にてマイクロフォーサーズからフルサイズの一眼レフを全て教えたところ、後輩君が買ったのは「Canon EOS Kiss X3 レンズキット」。

EOSなら私自身も今使っているし、かつてはKiss Digitalシリーズも使っていたので、持ってるレンズを貸すこともできるよね!と大賛成。後輩君も大満足でした。

ただ、この後輩君はいままでずっとコンパクトデジタルカメラを駆使してきたので、デジタル一眼レフは初心者なのです。

しかしながらせっかく(プロカメラマンも予備機として持っていたこともあるとされている)Kiss X3を買ったんだから、できることならこのカメラに秘められている羊の毛皮を被ったオオカミ的パワーを是非発揮できるようになってほしい!!

・・・というわけで話が長くなりましたが、私のブログにて、この後輩君のためのデジタル一眼レフの使い方教室を始めることにしました。毎日会って教えるのはお互いのスケジュール上厳しいし、かと言ってメールで送るのもなんだか・・・。

ただしここで一つ断っておきますが、このブログで私が記事にするのは、あくまで私自身の写真の撮り方です。これから書く内容には、本来の撮り方とは全然違ったり、一般とは全然矛盾することが多々現れることが予想されます。

私自身「先生」と呼ばれるほど決して写真はうまくないので、あくまで「技術的に私が行っていること」を内容とし、それを伝える相手を「私の後輩君」に限定します。それゆえにこのタイトルになったわけです。

それでも間違いがあったら、ご容赦・・・ね(笑)。

それでは次回から、私の持っているデジタル一眼レフの技術的な知識を、難しいことを一切省いて記事にしていきます!

SONY CYBERSHOT TX7

2010年06月05日 11:19

    tx7001.jpg


というわけで、以前このブログでも書きましたが、買いました。サイバーショットTX7。

こちらはリアビュー。全面ボタンなしのフルスクリーンです。

    tx7002.jpg


いや、基本的に私、ソニーは苦手だったんです。以前のソニーって使いにくいというか、すぐ壊れるというか・・・(おっと、私自身の経験であって、これがすべての方に当てはまることは絶対にありませんよ)。

しかしこのカメラすごい。いや、冗談なしですごい。ソニー苦手の私に買わせるくらいのすごさ。


何がすごいって、まずは高感度撮影時のディテール。こちらは「手持ち夜景モード」という設定で撮影。コンパクトデジタルカメラとしてはかなり大健闘。

    TX7-00599.jpg

ここまで高感度でディテールを残し、かつノイズが少ないのは、今流行の「裏面照射式撮像素子」というものによります。レンズもカール・ツァイス装備と言うこともあり、なかなかシャープです。


で、私がこのカメラを買った本当の理由は、動画撮影機能にあるんです。

最近5D Mark IIでよく動画を撮影し、Final Cut Studioで編集したりしてるんですが、やはりこの一眼レフを毎日持ち歩いて撮影できるようなサイズ・重さではないんです。そこで、何か代用できるビデオカメラのサブ機がないかとさがしていたら・・・これがあったんです。

信じられないかもしれませんが、これ、日中(=ISO感度が少ない状態で撮影できる環境)であれば、全然5D Mark IIを代用できます。ソニーのビデオカメラでハンディカムというのがありますが、このデジカメはそれに全然負けない画質・性能を持っているんです。

撮影データファイルは、今デジカメでも採用されつつあるハイビジョンファイル形式ことAVCHD。しかもこのTX7、普通のハイビジョンではなく、5D Mark IIと同じ「フルハイビジョン」なんです。

撮影・再生時は60フレームで、非常になめらかかつスムーズ。しかし、Final Cutに入れると、ファイルデータの関係で30フレームになってしまいます。でもこれでも、十分5D Mark IIを代用できます。

どのくらいすごいかというと・・・


皆さん、このコマーシャル見たことありません?

    

5D Mark II、真の力・・・

2010年01月22日 23:47

というわけで、先ほど5D Mark IIで収録し、簡単に編集したムービーをアップしてみました。

ところで、このカメラで撮った動画って、動画編集ソフトによって大きく変わるみたいです。

私が今回使ったのはiMovieですが、映画業界御用達ことFinal Cut Studio(Apple)を使うと、5D Mark IIはどこまで変わるのか?

アメリカのキヤノンのサイトで、超本格的ムービーを見つけたので、以下にリンクをご紹介します。


http://www.usa.canon.com/dlc/controller?act=GetArticleAct&articleID=2326&productID=249&articleTypeID=225


いや、冗談じゃなくてすごいぞ5D Mark II!!!キミはここまで本気になれるのかー!!!

とはいえ、やはりFinal Cut Studioは買うべきなのかなぁ・・・。でも恐ろしい値段するんだよなぁ・・・。

ちなみに上記のムービー、YouTubeにもありますが、あまりにも画質が悪いのでアップしませんでした。やはり最高画質で見てほしいんで、リンク張りしましたです。

5D Mark IIでムービー

2010年01月22日 22:28

5D Mark IIで動画を撮り、簡単ですが編集してみました。

まずはご覧下さい。願わくば、高画質モード(720p)でどうぞ。

         


この日のカメラは、EF 24-105mm F4 L IS USMを使って収録。飛行機で実家に帰ったときに収録してみました。

編集ソフトは実家のMacBook (late 2008)に入っているiMovieで、とりあえず編集してみました。編集はあまりこだわったものにはしていません。

画質的には、自分では大満足です。どちらかというと、スチルカメラよりこっちの方が5D Mark IIのすごさが現れるかも??

本格的に編集するのであれば、FinalCut Studioが必要になると思うのですが(Windowsの方はAdobeのPremiere Proでしょうか)、このソフト、実際の映画の編集にも使われていることもあってか、値段だけで148000円・・・。しかも全ての内容をインストールしようとすると、最低限50GBのハードディスクが必要・・・。

今の私では、iMovieかFinalCut Expressで十分かな。YouTubeに載せる範囲であれば、iMovieでもいいのですが。


最新記事