FC2ブログ

AE-1、シェイクダウン。

2011年08月19日 23:02

一日遅れましたが、祖父の形見である銀塩カメラことCanon AE-1のフィルムが現像されてきたので、その一部を以下にアップします。

共通データ:Canon AE-1 feat. FD50mm F1.4 S.S.C. Fuji スーペリア400(ASA/ISO400)


実家から帰る直前の空港にて。

takubo_ae1_008.jpg

飛行機の窓から見た、夕暮れ過ぎの空。

takubo_ae1_007.jpg


このレンズ、私が大好きかつ大得意とするEF50mm F1.4 USMよりもピントがあう範囲が狭いみたいです。まるでF1.2クラス??(その意味で、写真のパフェは失敗ですね、苦笑)。

takubo_ae1_005.jpg

暇だから撮ってみた、夜の駅前。

takubo_ae1_006.jpg

このように、感度400であるにもかかわらず、違和感を覚えるほどのざらつき(=デジカメで言うところのノイズ)はありません。これは、果たしてAE-1というカメラの性能なのか・・・。

ちなみにフィルムカメラ特有の「課題」もいくつか・・・。

なによりもまず、「現像代」。デジカメはパソコンですぐ見れるから現像代という概念はほとんどないのですが、フィルムになると素人が扱えるものではないので、どうしても業者に頼まざるを得ません。まぁ画質が綺麗に仕上がるからいいんですけど、ね。

実を言うと、中学生時代にカメラクラブをやっていたこともあり、一応は現像の仕方は身についています。しかし、暗室を作ったり、現像液をそろえたりすると・・・おそらくMac Pro一台は買えてしまう予算ですね(苦笑)。

それから、現像してプリントした写真をスキャンする際にも、ちょっと神経質になったりします。というのも、小さなホコリやゴミがスキャン画像に顕著な形で現れ、フォトショップでいちいち消す必要があるんです。

何はともあれ、しばらく私はこのAE-1で遊んでしまいそうです。RVP(富士フイルムのリバーサルフィルム・ベルビア)ASA100を入れて、昨日も何枚か撮ってしまったし(笑)。
スポンサーサイト





最新記事